製品情報

 ホーム製品情報 > 話したい、伝えたい!−発語支援のためのコミュニケーション・ツール−

  話したい、伝えたい! −発語支援のためのコミュニケーション・ツール−




臨床現場で活躍する言語聴覚士のノウハウを集結
 例えば、失語症の患者さんの場合はじめは、欲しい物をスピークンでタッチするだけでもOK。
 スピークンの音声に合わせて発語すれば、”もの”と”言葉”のつながりを取り戻す練習になります。
 スピークンを連続タッチしながら一緒に発語すれば、言葉の組み合わせ・文章化の訓練になります。
 患者さんの回復度合いに合わせて、いろいろな使い方ができるようになっています。


※ クリックすると解説画像が別ウィンドウで拡大します。


デモ機貸出受付中!(申込フォームはこちら)


製品名
「話したい、伝えたい」 基本セット
製品データ
セット内容:
 書籍・あいうえおカード・スピークン・ご使用の手引き
販売元:学校図書株式会社
定 価
29,160円(税込)
販売価格
27,702円(税込)

戻る 上へ






製品名
「話したい、伝えたい」書籍のみ
製品データ
★A4判・60ページ フルカラー
★スピークン対応のスクリーンコード印刷
★使いやすいリング綴じ
販売元:学校図書株式会社
定 価
15,120円(税込)
販売価格
14,364円(税込)

戻る 上へ






製品名
「話したい、伝えたい」あいうえおカード
製品データ
★表面にかな文字、スピークン対応
 裏面に口形図(清音・濁音・半濁音のみ)
★合計 108枚
★ケース入り
販売元:学校図書株式会社
定 価
3,240円(税込)
販売価格
3,078円(税込)

戻る 上へ






製品名
「話したい、伝えたい」専用スピークン
製品データ
★本体1機
★イヤホン・電池・取扱説明書・保証書付き
★ケース入り
販売元:学校図書株式会社
定 価
10,800円(税込)
販売価格
10,260円(税込)

戻る 上へ




●著者プロフィール
1973年 別府大学付属高等看護学院卒業後、社会福祉法人農協共済別府リハビリテーションセンターに勤務
1976年1月より、同センターにて言語療法士として勤務
1999年、第1回国家試験合格、言語聴覚士免許を取得
2012年9月より、山口コ・メディカル学院言語聴覚学科勤務
2013年4月よりに同学科長に就任、現在に至る。
この間、日本言語療法士協会評議員、日本言語聴覚士協会評議員を歴任。現在は「NPO法人言語聴覚障害児・者社会活動支援の会」理事兼事務局を担い、全国的な社会活動支援を行っている。
主な研究として、「失語症の語彙理解について−PVT語彙年齢の考察−」「失語症者のかな文字情報処理について」などがある。