製品情報

 ホーム製品情報 > 自閉という ぼくの世界

 自閉という ぼくの世界

「自閉というぼくの世界」表紙写真
書籍名
自閉という ぼくの世界
書籍データ
なおき・作  井村禮子・絵
癒しの子育てネットワーク代表 阿部秀雄・推薦
サイズ:B5変形 36頁
ISBN:978-4-900851-30-6
価 格
1,728円(税込)
メール便・送料無料!
 自閉傾向と診断された「なおき」が、小学3年生の時に書き上げた作文を、絵本にしました。
 「なおき」が、自閉という障がいで、どんなに困っているか、どんな思いでいるのか等ひしひしと伝わってくる絵本です。
 「自閉」児に関わるすべての方々や保護者の方々にお勧めします。
 「自閉」という障がいを持つ友達のいる小・中学生にもお勧めします。

ぼくは 少しみんなとは ちがいます。
そのことに さいしょに 気づいたのは ぼくが 三才のころでした。
みんなは 自分の思ったことや やりたいことを 口で話しているのに
ぼくは どうやれば それが出来るのか ぜんぜん わかりません。

(本文より)


●ページ見本


朝日新聞の記事 朝日新聞千葉版(2004年11月5日)に掲載されました。

画像をクリックすると拡大表示します。

東京新聞の記事

東京新聞千葉版(2004年11月15日)に掲載されました。

画像をクリックすると拡大表示します。

 


戻る 上へ




「自閉症の僕が跳びはねる理由」表紙写真
自閉症の僕が跳びはねる理由

※TVで紹介されました